2011/09/08

カナダの経済指標1 人口・GDP

カナダの経済指標を確認します。

この記事では、人口・GDPについて記述致します。

関連記事
カナダの経済指標2 インフレーションレート
カナダの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・GDP債務比
カナダの経済指標4 経常収支
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標7 為替レート・失業率
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数
カナダの経済指標9 工業生産高


1960年から2011年のカナダ人口推移です。2011年の人口は3428万人です。

直近で3500万人に迫るところまで人口が増加しているのがわかります。

滑らかな人口増加傾向を見せており、安定的な増加傾向であることがわかります。


カナダ2011年の人口ピラミッドです。

人口のピークはほぼ45-54に形成されているのがわかります。

もう10年ほどすると高齢化が始まる事がわかります。

また、若年層は薄くなっており、少子高齢化の傾向が見て取れます。




1960年から2011年のGDP推移です。

2002年前後までは安定的な推移を見せていますが、それ以降は急激な伸びを見せているのが特徴と言えます。

カナダの主要な産業の一つに産油産業が挙げられます。オイルサンドとして知られる石油ですが、近年の高騰した石油価格が追い風となり、好況となっているようです。

また、オイルサンドも含めた石油埋蔵量は以下のように莫大となっています。


CIAのデータを元にすると石油埋蔵量は莫大なオイルサンドによって世界2位にまでのし上がっているのがわかります。

このため、特に石油価格が85$以上なら景況のいい状態が続くでしょう。



オイルサンドは、莫大な富をもたらしている一方で、カナダの環境破壊にも繋がる悩ましい面もあります。

また、カナダ主要都市の不動産価格は中国系の投資や移民により近年異常な高騰傾向にあります。

今後は石油価格と合わせて景況を追っていく必要があるでしょう。

次の記事
カナダの経済指標2 インフレーションレート

関連記事
カナダの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・GDP債務比
カナダの経済指標4 経常収支
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標7 為替レート・失業率
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数
カナダの経済指標9 工業生産高

ニュージーランドの経済指標1 人口・GDP
オーストラリアの経済指標1 人口・GDP
ドイツの経済指標1 人口・GDP
フランスの経済指標1 人口・GDP
イギリスの経済指標1 人口・GDP
日本の経済指標1 人口・GDP
台湾の経済指標1 人口・GDP
アメリカの経済指標1 人口・GDP
韓国の経済指標1 人口・GDP
南アフリカ共和国の経済指標1 人口・GDP
ブラジル経済の長期的な流れを指標で確認してみる
インド経済の超長期的な指標をチャートで確認してみる
ロシア経済の概況を大雑把に確認してみる
中国貿易収支を観察してみる

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。